就職するなら正社員を目指そう

関東

その他の地域
正社員就職を応援する【はじめるキャリア】 > 関東TOP > 人事担当者インタビュー > 株式会社ユー・エス・ジェイ 人事・総務本部 人事部 米田明希子さんのインタビュー
INTERVIEW FOR PERSONNEL MANAGEMENT OFFICER

自分が何をやりたいかを明確にすること。それがやる気を生み、今後の方向性を見つける指針となります。

株式会社ユー・エス・ジェイ
人事・総務本部 人事部 米田明希子さん

秋、冬、春と定期的にクルーを募り、登録選考会を行っているユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)。アトラクションをはじめ飲食店や物販店などのあるパークには様々な仕事がある。クルーが目指すのは、世界最高のサービスを届けること。クルーにはどんな人物像が求められるのか、人事部の米田明希子さんに教えてもらった。

「いま、パークでは『マジカル・モーメント・プロジェクト』を展開しています。これは『ポジティブ・インターアクション』という、クルーがゲスト1人ひとりへ積極的なコミュニケーションをとることで、より大きな感動や驚きを届けようという取り組みです。私たちは『Crew is No.1 Attraction』(クルーのポジティブ・インターアクションがパークのNo.1アトラクション)だと考えています。アイコンタクトがとれて、笑顔で接することができ、自ら積極的に声をかけられるかどうかがポイントです。さらに、人に楽しんでもらうことが好きなら、ゲストに楽しんでいただくことで、クルー自身も楽しみながら仕事ができると思います」

求める人材を採用するために行われる登録選考会。株式会社ユー・エス・ジェイでは、人事部によるファーストインタビュー(1次面接)と、求職者が希望する職種の担当者によるセカンドインタビュー(2次面接)を行っている。

「ファーストインタビューでは、志望動機や実際に勤務できる時間・曜日などをお聞きしています。また、希望の職種を聞きつつ、次に行うセカンドインタビューで、どの部署の担当者と面接するのがベストかも決めていきます。そして人物面もチェック。受け答えは的確か、アイコンタクトはできているか、笑顔は出ているかなどを見極めます。セカンドインタビューでは人物面をチェックしながら、現場感やより具体的な仕事内容を伝え、職種への適性について検討していきます」

ファーストインタビューを担当する米田さん。面接官としてこれまで多くの求職者と接してきているが、採用するときに何を大切にしているのだろう。

「パークのなかで働いてもらいますので、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)らしさを重視しています。つまり、その方がパークでいきいきと働いている姿がイメージできるかどうかです。一番の決め手はやはり笑顔。面接の時点では引っ込み思案に思える人でも、これから伸びていく可能性が感じられれば採用します」 

バリアブル(アルバイト)から契約社員、正社員へとステップ・アップ。それを叶えるキャリア・アップ制度が株式会社ユー・エス・ジェイにはある。

「まずは契約社員を目指す方のためにバリアブルキャリア登録制度というものがあります。どなたでも登録できるもので、専門サイトにプレエントリーをすると、社員募集のポジションが出た場合に、人事部から連絡を入れます。その後、本エントリーをしてもらい、書類選考、面接を経て、契約社員に。現在の契約社員の3人に1人がこの制度を活用してキャリア・アップしています。そして、ここからさらに正社員へチャレンジできます」

「キャリア・アップしたい」「正社員になりたい」という目標を掲げ、初めて転職する人は少なくない。そして、面接は転職につきもの。そこで最後に米田さんからアドバイスをいただいた。

「自分が何をやりたいかを明確にすること、これが必要だと思います。面接官はたくさんの求職者と接しているので、何となく面接に来た人はすぐに見抜いてしまいます。なりたい自分、チャレンジしたい仕事、働くことで自分が求めることは何なのか、考え抜いた人には芯があります。自分で築いたものは必ず面接官に伝わります。また、自分がやりたいことを明確にすることでやる気が生まれますし、今後の方向性を見つけるための大きな指針になると思います」

  • イーアイデム
  • イーアイデム正社員